チラシ印刷は格安利用すべし!お得にサクサク印刷しよう

女性

印象強い広告

印刷

広告は人を惹きつける魅力的なものでないと印象に残ることが難しいですが、アドバルーン広告であれば派手で多くの人に情報が伝わりやすくなります。レンタルでの利用が出来ますし、夜の利用も可能なので広告の種類に応じて依頼しましょう。

View Detail

オススメサイト

  • 印刷通販JBF

    大量に依頼することが可能です。チラシ印刷は格安でしましょう。コスト削減を考えている人はぜひここを利用しましょう。

情報源の要

カラーチャート

テレビを見ていると流れてくる広告としてテレビコマーシャルがあります。この広告は短い時間の中で完結に商品などの情報を盛り込んで、視聴者に伝えるものとなっていますが、完成までにしっかりとプロセスを踏む必要があります。

View Detail

魅力的な映像

写真

チラシやその他のSNSで情報を発信することも可能ですが、多くの人の目に触れなければ広告として意味をなさなくなります。ですがテレビコマーシャルであれば、見てもらえる機会が増えます。単体で完結するのではなく、テレビの番組とコラボするコマーシャルまで出てきています。

View Detail

費用を知る

色見本

テレビコマーシャルの制作費について

私達が何気なく見ているテレビコマーシャルは、勉強や家事、仕事など、何かをしながら観たり聴いたり出来るため、非常に高い広告効果を持っています。テレビコマーシャルは、インターネットやスマートフォンが普及した現代においても、未だ重要な宣伝媒体として重要な地位を占めています。そんなテレビコマーシャルの制作費は、テレビ局に支払う「放映料」とコマーシャルの「制作料」で構成されています。東京のテレビ局で15秒のコマーシャルを流す場合は、1回につき40万円から80万円程度の費用がかかります。この費用はあくまで目安で、視聴率やコマーシャルを流す時間帯によって異なります。また、モデルやタレントを起用してコマーシャルを制作する場合は、費用が大幅に上がります。

テレビコマーシャルの歴史について

テレビコマーシャルの歴史は、およそ70年前のアメリカまでさかのぼります。世界最古のテレビコマーシャルが放映されたのは1941年の7月1日で、アメリカのニューヨークにある時計宝飾店のコマーシャルが静止画で放映されました。日本で初めてテレビコマーシャルが放映されたのは1953年の8月28日で、こちらは「精工舎」と呼ばれる会社の正午の時報でした。奇しくも、世界最古のコマーシャル、日本で初めて放映されたコマーシャルは、どちらも「時計」が関係しています。そしてその後、日本は「高度経済成長期」を迎え、当時「三種の神器」と呼ばれていたテレビ、冷蔵庫、洗濯機、そしてその後登場したカラーテレビ、クーラー、そして自家用車の「3C」のコマーシャルが放映され、人々を魅了しました。こういった形で広告は人々の購買意欲などを惹きつける役割をしてくれますが、コマーシャルだけでなくチラシも大きな広告です。そのためチラシ印刷を依頼する会社が多いのですが、チラシ印刷は出来れば格安でしたいものです。そういったときには格安で引き受けてくれるような業者選びが必要になります。コマーシャルだと先程のように80万などになることがありますが、印刷であれば印刷枚数が増えるほど安い価格で依頼可能です。どの広告媒体であっても、費用を比較しながら行なっていきましょう。